春に咲く桜のお花見の歴史について紹介します。

皆さん、お花見はお好きですか。
これから、桜のお花見の歴史について紹介します。

花見といえば桜が思い浮かびますが、奈良時代には中国から伝来した梅が観賞されていました。日本の最古の記録では嵯峨天皇が812年3月28日に神泉苑にてお花見の様子が、「日本後記(にほんこうき)」という書物に記されています。
また、平安時代の貴族たちは「桜狩り」と称して、春になるとお花見をするために様々な野山に出掛けたと言われています。
それ以来、鎌倉や、室町と時代が移り、「公家社会」から「武家社会」に世の中の中心が変化をしても「お花見」という文化は続いていったと考えられているのです。
しかし、この頃までの「お花見」は貴族や武士などの権力者たちの宴であって、一般庶民にまで広く広まったのは、江戸時代になってからと言われています。

江戸時代では各地にお花見の名所が生まれて、現在のように春になれば多くの花見客で賑わいを見せるようになっていったということです。
一般の庶民にまで広まった「お花見」でしたが、実は江戸時代までの日本人がお花見で見ていた桜は主に、自然に自生して山に咲く「ヤマザクラ」であったと言われているようです。平安時代から、しだれ桜や八重桜などもあったそうですが、「桜狩り」で平安時代の貴族たちが見ていた桜も「ヤマザクラ」だったのでしょう。
江戸時代末期になると、江戸にあった染井村(そめいむら)という所の植木職人の方々が人工交配をして育成した「ソメイヨシノ」という桜の人気が高まり、明治時代の中頃から日本の各地に広まっていったのです。

それから、比較的に成長が早く、土地を選ばない管理のし易さがある「ソメイヨシノ」は日本各地の「お花見の名所」と言われる場所に、盛んに植えられていくということになったのです。アリシアクリニック 効果