10月5日は20キロのトレーニングを実行しました。疲れはありましたが、なかなか仕事とトレーニングの両立は難しいので、時間があるときに少しでも長い距離を走ろうと考えました。マラソンを攻略するにはスピードがあってもあまり意味はありません。スタミナがあってこそ初めてスピードが生きるというものです。それにはとにかく長い距離を走らなければ、スタミナはついてきません。ウォーミングアップはかなり体が重く、前日のダッシュの疲労が残り太ももの付け根に違和感がありました。序盤はかなり苦しく1キロ6分を少し切るペースで推移しました。川沿いのコースでの逆風がきつくゆるい走りをせざるを得ませんでした。長い距離を走る際は先を考えずに余裕を持って走ることを心掛けました。最初の10キロを55分程度で通過、そこから対岸に渡って折り返し風も追い風に変わったので流れが変わりました。徐々に体が軽くなっていきペースアップをジワリと行っていきました。後半は安定した走りでスムーズに前に進み余裕を持って20キロを走り切ることができました。タイムは1時間47分と平凡なタイムでしたが、確実に走り切ることができたのでこの日は収穫がある日となりました。10月中には30キロを走れる体づくりを行っていきます。脱毛ラボ 新宿